新車の塗装面が傷ついたら早めの補修が決め手

新車を購入して乗り始めると内装が真新しく、また車体の塗装がピカピカ状態なので、渋滞のない高速道路を疾走していると気分は高まり、運転していることが楽しい限りになります。しかしながら、事故を起こさないよう細心の注意をしていても第三者からぶつけられたり、あるいは、空気中を飛び交う粉塵等で車体に傷がついたりすることが避けられません。中でも、大都市部では歩道もついておらず、速度を落とさずに車同士ですれ違いができない狭い車道が多く、人通りを避けながら走行しなければならない箇所が随所にあるため、何年もの間、立ち並ぶ構造物等に接触して擦り傷をつけないで済ますことが容易でありません。しかしながら、塗装面のわずかな擦り傷でも放置しておくと気付かない内に大気中の汚れや風雨の影響を受けて腐食が車体内部へ進行していくので、早めにDIY店へ行って補修道具一式を購入し、剥げた箇所を自分で同じ色に塗って置けば気持ちよく走行できるはずです。また、傷だけでなく、車体にへこみや傷があるようであれば板金工場へ持ち込んで補修、塗装工事を頼むことになりますが、費用の安さを売り物にしているような業者に依頼すると必ずしも納得いく状態で戻ってくるとは限らないようです。補修を頼む時は実績が多く、評判の良い補修業者に頼む方が長い目で見て安上がりになるのはどんな補修工事にも共通することです。

車を塗装する方法について

自分自身の車を持つ人は多くいますが、本当に好きな人は自分自身で手を加えて色々と改造する人もいます。改造といっても違法な物ではなく、カラーを自分好みの色に変えたりシートカバーの素材を替えたりといった事です。その中でもカラーの場合は、販売している際のカラーは限定されているので、どうしても自分の好みの色がない場合に自ら塗装を行って変更を行います。塗装にも修理は様々あり、ソリッドからはじまり2コートソリッドや2コートパールメタリックといった方法があります。そのほかには3コートパールにマジョーラやキャンディなど、様々な方法がありそれぞれカラーの見え方や手法自体が異なります。自分自身でできる場合もあれば、プロに頼む必要もあるので自分の好みに合わせて利用方法を分けるのもよいです。また塗料などにも種類があるのでそれらもしっかり調べたうえで利用するのがおすすめです。

車のソリッド塗装について

自分が所有している車のカラー自体を、塗装することによって好みの色に変える人は多くいます。また気分によって数年毎にカラーを変えるなどの工夫を取り入れてことで、飽きることなく長期間乗り続けるようにする場合もあります。このカラーを変更する際の塗装方法の1つとして、もっとも多いのがソリッド方法になります。ソリッドとは単色という意味があり、黒や赤といった1色だけを塗る場合に使われる方法となります。このソリッド方法を利用した場合ですが、特徴としてシンプルな方法であり一般的に一番利用しやすい方法となります。他にパールやメタリックといった方法もありますが、単色でのシンプルさを求めるのであればソリッドはおすすめです。ただし最近では見た目を多少上げ為や耐久性などを考慮して、単色の上からクリヤー塗装を加える場合も多いです。