車のキャンディ塗装について

車のカラーを変えるため塗装をする人は多くいますが、カラーを塗る方法の中でも高い技術が必要なる方法にキャンディ塗装があります。この方法自体はとても難しく、素人では必ず色ムラが出てしまい失敗することが多いです。理由としてキャンディは特徴として色自体に透明感があります。利用方法としてはベースとなるシルバーメタリックを塗った上からキャンディを塗ることになりますが、1度だけ塗った場合はキャンディ自体の色が薄いので色見自体も薄い状態となります。そのため塗り回数を増やすことによってキャンディ自体の色が濃く表現でき、色見を調整する必要がでてきます。その重ねて塗る技術がとても難しく、均等に塗り進めていかないと色ムラが出てきてしまいます。ムラがない状態にするためには熟練した技術が必要となるため、素人では無理な方法となります。利用する際はプロに依頼するのがおすすめです。

車塗装の仕上げとなるクリアについて

車を自分好みに塗装する場合、最終的に一番上に塗るのがクリアとなります。ただし全部が全部塗るのではなく、ソリッドのように単色だけで仕上げる場合は塗らないことも多いです。ただしクリア自体は透明なフィルムのような役目をしており、見た目を綺麗に仕上げるという意味合いもありますが、保護の意味合いが強いです。クリア自体にも複数の種類があり、種類によって異なる特徴を理解したうえで選ぶと良いです。種類としてはフッソ樹脂クリアやハードコートクリアに耐スリ傷性クリアなどがあり、それぞれ傷や耐久性に優れているものもあれば、はっ水性などが優れているなど特徴などもそれぞれ異なります。ハードコードクリアの場合ははっ水性に加え耐久性などもあるので、より車を守ることができる塗装となります。ただし特徴があるクリアを利用する分割高になるので、利用するさいはその点もしっかり考慮して選ぶと良いです。

車の塗装業者の選び方です

車を塗装するのは、事故で車にキズが付いてしまった場合や、単純に色を塗り替えたい場合があります。そんな時には、専門の業者に塗装の依頼をしますが、どこの業者に頼んでいいか迷ってしまいます。ディラーや整備業者に出すイメージがありますが、板金業者に依頼した方が安い費用で行う事が出来ます。それは、ディラーや整備業者に依頼した場合には、その後提携している板金業者に依頼するので、その分だけ費用が高くなってしまいます。しかし、板金業者だからどこでも同じ料金ではなく、業者によって料金に差があります。また、サービス面でも業者により差がありますので、優良な業者に塗装を依頼するためには、複数の業者を比較して選ぶ必要があります。複数の業者に見積りを出してもらい出来るのなら、作業している現場を見せてもらえば選ぶ際の参考になります。